小児歯科

小児歯科

乳歯治療の重要さを説明し、
健全な永久歯列へと誘導

シーラントやフッ素塗布、歯のクリーニング等、治療することにより
予防処置に力を入れています。

「自分の子供が虫歯かもしれない」

「子供の歯並びが気になる」

「子供が虫歯にならないように予防したい」


そんなことを思っているお母様へ
お子様の歯医者デビューを応援します

お子様の歯医者デビューを考えているお母様へ

小児歯科

おおしま歯科は「自分と子供が一緒に治療が受けれたらいいな」と思っているお母様が安心して治療を受けられるような環境作りをしています。
歯医者デビューは乳歯の生えはじめに個人差があるように、来院にも個人差があります。

はじめて来院するお子様の年齢は平均して1歳前後~3歳ごろです。

子供からしたら歯医者さんは消毒の臭いと見慣れない椅子、キーンと甲高い音の治療器具などに怯えてしまいます。怖い思いをしたり、嫌がって当り前です。

おおしま歯科では、診察台に子供用のDVDを用意しています。お子様が嫌がらずに落ち着いて治療を受けることができるからです。

歯の治療に使われる器具は最新のマイクロモーターを使用しています。マイクロモーターは歯医者独特のキーンという音が少ないのでお子様が怖がりにくいよう配慮しています。


お子様が痛みを感じている場合はお母様に説明し適切な処理をいたしますが、まずは虫歯になる前にフッ素やクリーニングで歯医者の練習をかねてご来院ください。

フッ素やクリーニングは痛くないので、子供が嫌がることなく歯医者に行く習慣をつけてあげましょう。

どうしても急性の症状がある場合は1度だけでいいので頑張って治療をしましょう。



子供が泣いて暴れてしまうのではと心配されているお母様も気にせず連れてきてあげてください。泣いたり暴れたりしている子供は沢山います。
待合室では靴を脱いで遊べるキッズルームがあるのでお子様が飽きることなく待つことができます。

なるべく痛い治療を避ける為に

小児歯科

乳歯は永久歯に比べると歯質が弱く虫歯になりやすいです。

それなのに、永久歯に生え変わってから虫歯予防をすればいいと思っているお母様がいますが、それは大きな間違いです。


大切なのは乳歯の時からしっかりと虫歯予防をすることです。


乳歯が虫歯になるとその下に生えてくる永久歯の向きが変わり、小児矯正が必要になってしまうのです。


もちろん小児矯正もおおしま歯科院にて治療することができますが、まずは虫歯にならないために、家でできる虫歯予防の説明をさせていただきます。

おおしま歯科では、食事や与えるものと虫歯の予防は非常に深い関わりがあると思っています。

虫歯予防としてジュースやイオン飲料砂糖の量、おやつの与え方についてご説明しています。

家でのお食事、飲み物に気を付けていただくことで虫歯の予防につながるからです。


すでに乳歯が虫歯になってしまって心配しているお母様もご安心ください。
しっかり通院することで虫歯の治療をし丈夫な永久歯を手にいれることができます。


お子様の治療の際、レントゲンの放射線量が気になるとの声を多くいただいております。

おおしま歯科では、今年1月にレントゲン機器を最新モデルに交換しています。
放射線量が1/10~1/3程度の量になっておるのでご安心してください。

フッ素

フッ素は歯の質を硬くし、むし歯になりにくい歯にしてくれます。
特に生えたばかりの歯には効果的だと言われています。

ただし過信は禁物。

汚れがひどかったり、甘いものを多く摂りすぎるとフッ素を塗っていても、むし歯ができてしまいます。きれいな歯ではじめてフッ素効果が高まります。

フッ素についてQ&A »

シーラント

フッ素入りのセメントや合成樹脂で噛み合わせの溝を防ぎ、溝の中が汚れるのを防ぎます。
特に永久歯(6歳臼歯)は溝が深く、むし歯になる危険性が高くなります。

初期むし歯

初期むし歯

シーラント済み

シーラント済み

診療日のご案内

おおしま歯科スタッフ
 
9:00~13:00
14:30~19:00

おおしま歯科の診療日