入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)

保険診療から自由診療まで、幅広く患者さまのご希望に応える入れ歯をご用意しています。

歯を失った場合、見た目と機能を回復するために人工の歯「入れ歯」をつくります。
入れ歯は、失った歯の位置や本数によっていくつか種類があります。
患者様お一人おひとりのお口の状況に合わせて、最適な入れ歯を歯科技工士と協力して製作します。

入れ歯の種類

金属床

金属床1
金属床2

保険のプラスチック製に比べて、入れ歯の厚さを1/3にすることができ、温かいもの、冷たいものが感じやすくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わない審美的に優れた入れ歯です。入れ歯の金属バネが見えて気になる方におすすめです。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

磁石の力によって入れ歯を固定。バネがなくなり審美的になります。

入れ歯の特徴・金額について

※症例により適応できない場合もあります。先生にご相談ください。

素材金属床(チタン)金属床(コバルト)ノンクラスプ(部分床)コンフォート(粘膜面軟性義歯)保険レジン床
写真
コンフォート
素材の特徴金属で薄く床を作ります。変形も少なくフィット感が良い。金属で薄く床を作ります。変形も少なくフィット感が良い。強硬度のプラスチックを使用し、金属を使わないでとめることが出来ます入れ歯の内面に人工血管に用いる軟性の材質を使用しています加熱重合レジンでプラスチックの厚みが必要となります
費用---自費 80,000〜300,000円(税込)保険適応
丈夫さ★★★★★★★★★★★★★★★★★
快適性★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
味の感じ方★★★★★★★★★★★★★★
選ぶポイント熱伝導があり、軽い熱伝導性がある金属が目立たない痛みの少ない入れ歯保険治療で安価
長所・フィット感が良い
・熱が伝わりやすく食べ物を
おいしく食べることが出来ます
・フィット感が良い
・熱が伝わりやすく食べ物を
おいしく食べることが出来ます
・金属が見えないので審美的
・歯数により価格が違う
・入れ歯の痛みが少ない
・粘膜面がやわらかい
・人工血管のものを使用
-
短所・費用がかかる・費用がかかる・強度に不安がある
・長期的には再製が必要
・費用がかかる-